多肉、黒法師の挿し木


昼過ぎから東海地方は雨だそうです。



雨が降りそうな空を「雨模様」と言うんですね。

黒くまは、ずっと雨もようは、雨が降っている様子を表す言葉だと思っていました。

勘違いがひとつ解消φ(..)メモメモ。



今日は多肉コーナーの伸びすぎた多肉を切り分ける作業をしました。



こちらが伸び伸びの黒法師(くろほうし)です。


かなり徒長したまま放置していました。




2015-11-252016.28.59.jpg



日当たりの良い室内は多肉にとって良い環境だったようです。




ピンクに紅葉したペディランサス(ダイギンリュウ)の鉢と一緒にパチリ。



2015-11-252023.15.57-0a1db.jpg

2015-11-252017.32.11.jpg


久々に屋外へ出してみました。

今日は寒いので植物もびっくりしたかな(・(ェ)・)




2015-11-252016.44.21.jpg


黒法師の足元にはニョロニョロとよく伸びた若緑(わかみどり)が。



見えにくいけど、虹の玉とアカプルコゴールドも細々と一緒に生えています。




2015-11-252016.49.03.jpg


ワカミドリだけやたら元気。

多肉コーナーの場所から太陽の方角へカーブするように伸びています。




2015-11-252016.46.48.jpg


30センチぐらに伸びた黒法師の頭をカットしました。




2015-11-252016.34.12.jpg


多肉の挿し木の方法を調べてみました。



根から切り離された方は乾燥状態で放置して根っこが生えたら、用土に挿します。



親株はそのままにしておけば芽が出るそうです。

ですが、今回は神経質な手順を踏まず、ずぼらな方法でやってみました。



「切ったら挿す」でなんとか増やそうとしてみます。




2015-11-252016.38.27.jpg


今回は茎が長かったので沢山の子株ができそうです。
5つの子株を挿し木しました。




2015-11-252016.57.25.jpg


乾燥した土に、切り離した子株たちを植えました。




少し寒い日の挿し木になってしまったけど、元気に根が出ることを祈ります(´(ェ)`)





ランキングに参加しています。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

↑クリックの応援よろしくお願いします。




この記事へのトラックバック
★<コベント・ガーデン 通信販売>★
★ハーブ 苗 SALE★
黒くまのガーデニング始めましたのショッピング