しめ縄風正月飾りをローズマリーと南天で作る

今年も残すところあとわずかになりました。


クリスマスの飾り付けが終わったと思ったら、年賀状を作ったり大掃除しなくてはいけなかったり、師走はなにかとやることが多くなります。



そしてあっという間にお正月がやってきます。



このところスーパーはホームセンターに出向くと、しめ縄や鏡餅、門松などのお正月飾りが目につきます。


年末なんだなぁーと実感しながらも、最近のお正月飾りはバリエーションが豊富で、手作り用の材料が数多くあることに感激でした。



うちは例年通りだと、玄関扉に市販のしめ縄を飾り、どんど焼きで燃やしてもらいます。


せっかくなので今年は手作りして、しめ縄風のドアにかけるタイプのお正月飾りを作ってみることにしました。



それも、家で強剪定したばかりのローズマリーを使ってリース作りと同じ要領で作ってみようと思います。



2015-12-222017.49.15.jpg


一般的にはしめ縄飾りの材料は、稲わら、主に青刈り藁で、それをねじって、編んで縛って作るしめ縄用や神棚用として売られているものが多いようです。



  


しめ縄の飾りに稲穂を合わせるとさらに豪華になります。


豊作祈願の意味が込められ、縁起も良いですね。





今回はローズマリーなど洋風の素材で作るしめ縄風リースですので、稲穂の代わりにユーカリのドライフラワーを付けて見ようと思います。



今回も家にあるものと百円均一で揃えた材料で簡単にできました。


材料と作り方を紹介します。



〈材料〉

・ローズマリー、ユーカリ、南天(ナンテン)、針金、グルーガン、ハサミ、100均の飾り


2015-12-222020.37.55.jpg


飾りには、水引と白、ピンク、赤の餅花風の玉を使いたかったのでこれらを選びました。



〈作り方〉


①ローズマリーの枝を三本、大きさを少しづつずらして輪っかを作ります。結合部分は針金で固定します。



2015-12-222020.41.03.jpg


②3つのローズマリーの輪っかを一つにまとめて、針金でくくりつけます。


これでもう、土台は完了です。



2015-12-222020.51.26.jpg


③ここからは、飾り付けです。用意したものを配置を見てどこに付けるか決めていきます。


餅花を挿してみました。取れやすい場合は針金を使います。



2015-12-222020.58.55.jpg


④お庭でなっている南天の実も飾りにします。縁起も良くたわわに実っている房にしました。


葉を使うと少しだけ和風になります。



2015-12-222021.03.53.jpg


⑤大きい南天の実だったので、必要に応じて切り分けました。



2015-12-222021.05.27.jpg


天然の実や葉を付ける時は、差し込むと傷みやすく外れやすくなってしまうので針金でしっかりと固定します。



2015-12-222023.08.55.jpg


⑥百円均一で買った紙やプラスチック製の飾りの装着にはグルーガンを使います。



2015-12-222023.11.19.jpg


「迎春」の文字を付けたら、ローズマリーのしめ縄風リースも、一気に和風のお正月テイストになりました。



2015-12-222023.12.43.jpg


かわいい羽子板の羽もグルーガンで付けちゃいます。



2015-12-222023.14.44.jpg


⑦松ぼっくりを付けて出来上がりです。


物置小屋のドアに飾ってみました。



2015-12-222023.18.56.jpg


少しシンプルでボリュームが寂しかったので、思い出したのがしめ縄に飾る稲穂でした。


このようにリース状のしめ縄から稲穂の束が垂れ下がっています。



 


稲穂のようにユーカリの枝を切って束にしたものを稲穂のように、ローズマリーのしめ縄につけて、さらにアレンジしてみました。



2015-12-222023.30.16.jpg


材料こそ異なりますが、お正月のしめ縄のように玄関につけて災いを呼び込まないよう「厄除け」として是非飾ってみたいです。



しめ縄は12月28日に飾るのが最良のようですので、わが家もそのようにしてみます。



2015-12-222023.27.15.jpg


ハーブなので、「厄除け」ならぬ「虫よけ」にはなりそうですが。


作りたても良い香りですが、少し経ってドライになっても香りが持続しますよ(´(ェ)`)



簡単なのでぜひお試し下さい☆


【関連記事】

>>葉牡丹とデージーでお正月の寄せ植え




ランキングに参加しています。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

↑クリックの応援よろしくお願いします。



この記事へのトラックバック
黒くまのガーデニング始めましたのショッピング