初心者でもできる多肉植物の寄せ植えの作り方

雑貨屋や100均などでも見かけることの多くなったプニプニ可愛い多肉植物。

お気に入りの多肉植物を組み合わせて自分だけの寄せ植えを作ることが出来ます。

最近ではデコニクって呼ばれカラフルな多肉植物の組み合わせを楽しむ人も多いみたいですね。


初心者でも作れる多肉の寄せ植え作りを実践しました。


その管理方法と作り方を紹介します。


〈本日作った多肉の一部〉

2015-12-302015.32.05.jpg

【多肉植物とは】


茎や葉に水分を貯蔵することができ、乾燥に強く比較的養分を必要としない植物です。

もともと熱帯の乾燥地や砂漠地が原産のものが多く厳しい環境に適応するため肉厚で水を蓄えられるようになったようです。

育てるには光が重要です、夏の直射日光を避け明るい場所で管理します。

こまめな水やりが面倒だという人に実はぴったりなのです。


【入手方法】


ホームセンター、花屋、百円均一の観葉植物コーナーなどで多肉植物の苗を買うことが出来ます。

多肉植物は手間がかからず管理は簡単な方ですが、購入場所によって品質にばらつきがあります。

長期間、室内で保管されますし、生育に適した管理が十分でなく苗が弱っている場合もあります。

目視で元気そうな苗を選んだり入荷直後の元気な苗を選ぶことで出来るだけ高品質なものを手に入れましょう。

また、ネットでは様々な多肉植物の専門店があります。

身近なところでは品薄となっている多肉もネットの多肉植物専門店の方が種類も豊富に取り扱っています。

中でもお店のお任せセレクトの注文セットが人気が高いようです。


2015-12-302011.12.38.jpg

今回、私も多肉植物おまかせ12株セットを購入して寄せ植え作りにチャレンジしました。


沢山多肉植物があるので寄せ植えが二つ作れました。


使用する多肉植物の名前紹介です。


2015-12-302016.47.37.jpg


子宝ベンケイソウ  カランコエ属

グリーンネックレス セネシオ属

虹の玉       セダム属

秋麗        グラクトペタルム属

花うらら      エケベリア属

ゴーラム       クラッスラ属

銘月                 セダム属

黒法師                アオエニウム属

赤鬼城                クラッスラ属

ブロンズ姫           グラプトペタルム属


多肉植物は種によって生育期が夏型と冬型で分かれています。

また紅葉するタイプや管理温度にも違いがあります。

見た目の組み合わせだけでなく、上級テクニックとしてこれらの生育タイプ別のグループで寄せ植えする事が好ましいようです。

観賞用に買ってきた寄せ植えの多肉植物も、育て方が異なるもの同士が一緒になっている場合、いずれは植え替えて育てた方が良くなります。


今回は観賞用に初心者でもできる多肉植物の作り方を紹介します。


【準備したもの】


2015-12-302016.41.29.jpg

①スプーン

②ピンセット

③割り箸

④園芸用ハサミ(消毒済み)

⑤多肉植物用土&緩効性肥料 ※無くても可

⑥セラミス・グラニュー(人工の清潔な顆粒状粘土

⑦穴の開いていない鉢

⑧多肉植物

⑨エアープランツ ※無くても可


多肉植物を寄せ植えする場合、加湿を嫌うため土は排水性の良い物を使う事がポイントです。

多肉植物&サボテン専用の土としてホームセンターなどに売っています。

穴の空いた容器の場合は鉢底石を敷き専用土を使います。


室内のインテリアとして穴の空いていないタイプの容器に寄せ植えする場合、水腐れやカビの防止のため、セラミスのような人工用土を使うことをお勧めします。

水苔でも同じく、腐りにくく匂いも出ないため清潔に保つことが出来ます。

穴のない容器の場合は、セラミスや水苔が乾燥したら水を与えるよう、水やりのタイミングがやや大変になります。


【作り方】


ステップ1

多肉植物のポットから取り出し、不要な下葉と傷んだ根を処理します。



ステップ2

寄せ植えする鉢に専用の土を入れていきます。

多肉の苗を埋めるように並べられるくらい深めに入れておくのがコツです。


2015-12-302014.46.37.jpg

ステップ3


多肉植物を土の植えに配置していきます。


2015-12-312013.35.39-9935e.jpg

ステップ4


土を隙間なく盛るため、箸で鉢と土の間をギュッギュッと押して、埋めていきます。


2015-12-302016.00.56.jpg

ステップ5


多肉植物を可愛く植えるには密植することがポイントです。

細かい隙間に小さな多肉を植えこむ時はピンセットを使います。

また、エアープランツを一緒に隙間に詰めても多肉の寄せ植えに似合います。


2015-12-312013.37.53-1e5b6.jpg

2つとも完成です!


小さい方の寄せ植えはカラフルな多肉たちのミックスです。


2015-12-302015.25.27.jpg

大きい容器に沢山の多肉植物を並べるのは倒れないように固定するのが少し大変でした。


手前のグリーンネックレスが垂れている感じが可愛い。


2015-12-302015.19.47.jpg

エアープランツ(チランジア)も水やりがほとんど要らない植物なのでこうして多肉植物と組み合わせても相性抜群です。


大きい寄せ植えの主役は子宝ベンケイソウ。


黄緑色に赤茶の縁取りがなんとも変わっています。


2015-12-302015.37.12.jpg

今回作った二つの寄せ植えです。


初心者でもなんとか作れました。


底穴なしの鉢なので水のやり過ぎに注意して育てていきたいです。


2015-12-302015.12.48.jpg

明るいところが好きな多肉ちゃん。


天気の良い日にはこのように庭で日光浴も欠かしません。


2015-12-302014.59.49.jpg

【使用した土】


多肉植物の寄せ植えに使用した用土はドイツ製品のセラミス・グラニューです。



特徴はドイツ産の粘土でできた多孔質な粒上土のため、一度水を与えると保水力があります。

水を与えると色が濃くなるため、色が白っぽく変わったら乾燥しているサインなので、水やりのタイミングがわかりやすいです。

顆粒状なため通気性、排水性もよく、底穴のない容器への寄せ植えに適しています。

また高温で加工され清潔な用土なので室内の観葉植物全般、多肉植物、サボテンにも向いています。

軽いため作業もしやすく、多肉植物の苗についた土をそのままセラミスの中に混ぜて使うことができ手軽に扱うことができます。


【オススメの多肉植物お任せセット】


・フラワーネット日本花キ流通




・GREEN OASIS



・luz楽天市場




【関連記事】

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

↑クリックの応援よろしくお願いします。


楽天トラベル



この記事へのトラックバック
★<コベント・ガーデン 通信販売>★
★ハーブ 苗 SALE★
黒くまのガーデニング始めましたのショッピング